基本理念、保育目標

社会福祉法人登豊会 うれしの東保育園 基本理念

施設の目的

幼児期における教育は、生涯にわたる人間形成の基礎を培うために、とても大切な時期です。
うれしの東保育園は、家庭や地域社会との連携を図りながら、養護及び教育の環境を整え、子どもの育ちと
保護者の子育てを支えます。

保育・教育目標

うれしの東保育園は、保育所保育指針に示されている
養護と教育が一体化した保育を行っています。
「一人ひとりが大切にされている」と実感できることが
保育園生活の基本と考えます。
「保育園大好き」「友だち大好き」と感じながら、
健康・人間関係・言葉・環境・表現」の5領域の
様々な体験を通し、心も体も伸びやかに成長・発達して
いけるように、温かい雰囲気の中で愛情いっぱい保育を
させていただきます。



副理事長あいさつ

毎日、ワクワクドキドキ!
「保育園だ〜いすき」と子ども達が通ってくれる保育園です。
今日も元気いっぱい、熱意ある先生と子ども達の笑顔が満開です。

Chako先生

園長あいさつ

子ども時代に、「うれしい」「楽しい」「ワクワクする」体験、友だちと一緒に生活する中で、「思いどおりにならないこと」時には「悲しいこと」「相手の気持ちを知り、うまく折り合いをつけること」などの経験を積み重ねていくことが、これからの長い人生の根っことなります。
うれしの東保育園は、子どもの心にそっと寄り添いながら、大切な今を温かくゆるやかな雰囲気の中で見守り支えていきます。
保護者のみなさまにとっても、実家のようなほっと安心できるところ、子どもをまん中にともに育ちあう保育園でありたいと思います。


加藤 志保

3・4・5歳児の保育

子どもたちが生き生きと生活できる環境づくりを工夫します。「やってみたい」「もう一度挑戦したい」「できた!」「やった!」など満足した気持ちをたくさん体験させ、人生の根っこを育てます。異年齢児のかかわりを大切にしながら、思いやる気持ち、いたわりの心、などをたくさん学び、子ども達一人一人が自分を思いっきり発揮できる保育を行います。

0〜2歳児の保育

お母さんにだっこされているような温かな「カンガルーのおうち」
木のぬくもりと明るいこもれびの中でゆったりと安心して過ごせる一人一人を大切にする保育に心がけていきます。