わんぱくキッズひろば

2020年6月29日園内研修 

「延長保育の保育環境を考える」をテーマに
子どもが安心して過ごせるような保育環境や物の扱い方について、みんなで考えました。
講師は、岐阜聖徳学園大学教育学部の西川正晃教授です。
おとなも子どもも共に気持ちよく生活するために対話をしていくこと、
いろんな方法はあるけれど、その都度子どもと一緒に考えていくことを助言いただきました。

そして翌日は、西川先生が主宰されている保育実践を語る会のリモート研修会に5名の職員が参加しました。
コロナ禍の保育実践の在り方を語り合う中で、
子どもや保護者と保育者との関係性、子ども自らが動き出す姿など具体的な実践を聞き、
学びを深めることができました。
子どものこと保育のことを仲間と語り合う時間は、とても楽しいです。